2018.11.12 屋内リフォーム

断熱対策に効果大!窓リフォームのポイント

鹿児島のリクシルリフォームショップ「タカショー」がお届けする、お役立ちリフォームブログ第11回のテーマは「断熱性能向上と窓リフォーム」

 

断熱性能の向上、と言ってまず思い浮かべるのは断熱材だと思います。壁の中に入れる断熱材は確かに効果抜群ですが、リフォームで断熱材を入れようと思うと費用も工期も負担が大きくなります。そこで「窓」です!今回はあまり知られていない窓の断熱効果と、簡単リフォームについてお話します。

窓リフォームのメリットとは?

そもそも、お家のリフォームを検討するときに“窓”のことはあまり考えないかもしれません。ですが、窓をリフォームすることで日々の暮らしはより快適になるんですよ。まずは、そのメリットをご紹介しましょう。

エアコンの効き目がUP!

最初は、今回のテーマでもある断熱について。詳しくはこの後の章でお話しますが、冷暖房効果を高めるために窓の取替えは非常に効果的です。なぜなら、お家の中で最も外気と近い場所は窓だから。夏の熱気、冬の冷気を部屋に入れにくい、断熱性能の高い窓に取り替えることで、エアコンの効きもグッと良くなります。

外からの騒音を軽減!

断熱性能の高い窓ガラスに取り替えると、外からの騒音も聞こえにくくなります。交通量の多い道路沿いにお住まいの場合や、近隣のペットの鳴き声などにお困りの場合にも、窓リフォームは効果を発揮します。

結露が出にくい健康的な住まいに!

結露は室内と外気の温度差によって発生します。冬場の悩みのタネですが、放置していると床材の劣化、カビやダニの発生につながり、健康面でも不安です。断熱性能の高い窓ガラスですと、室内に面する窓ガラスが冷えにくく、結果的に結露がつきにくくなります。

低予算、短工期でできるカンタン窓リフォームのすすめ

窓リフォームのメリットはご理解いただけましたでしょうか?その上で気になるのは、やはり予算と工期の部分ですよね?次はオススメのリフォーム方法についてお話します。

窓ガラスを複層ガラスに取り替えて断熱性能をアップ!

窓リフォームの基本は、それまでの窓ガラスを複層ガラスに取り替えること。複層ガラスとは、複数のガラス(2~3枚)を重ね、ガラスとガラスの間に中間層を設けることで断熱性能を高めた窓ガラスです。

 

特に、夏場は外からの熱を部屋に入れず、冬場は室内の熱を外に逃さないLow-eガラスを使用した複層ガラスがオススメです。

現状の窓枠に被せて短工期を実現する“カバー工法”

窓ガラスを取り替える方法として、主流となっているのがカバー工法です。現状の窓枠はそのままに、内側に新しい窓枠を被せる方法で、これなら工期も1日で済みますし、価格も10万円以内に抑えられます。

窓リフォームは優先する場所を決めて行いましょう

一般的な一戸建ての場合、窓の数は15~20と言われています。その全ての窓を変えるのは大変な作業ですので、まずは優先度の高い部屋からリフォームしていきましょう。リビングや子ども部屋、そして、忘れがちなのは脱衣場とバスルームです。

 

リビングから脱衣所、そしてお湯に浸かるときの急激な寒暖差で心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすヒートショック。ご家族の中に高齢者がいらっしゃる場合には特に注意が必要です。その対策の一つとして、窓の取り替えを検討してみてはいかがでしょう?

タカショーmemo:さらに断熱性能をアップさせるには

断熱パネルを使ったリフォーム

窓の他に、比較的簡単な断熱性能アップの方法として、断熱パネルを使う方法があります。厚さ3センチほどの断熱パネルを部屋の内壁と床に貼り付ける工法です。既存の壁・床は取り壊す必要はありませんので、工期は1週間~10日ほど。費用は1件あたり150~300万円ほどが目安です。

断熱剤を壁の中に入れるなら、フルリフォームも視野に

さらに本格的に断熱性能を高めたいなら、断熱材を壁の中に入れる方法もあります。この方法ですとお家の気密性も高まるため、冷暖房効率も向上します。しかし、既存の壁や床を取り壊す必要があるため、工期・費用ともに大掛かりなリフォームとなります。この場合は、フルリフォームも視野に入れて検討が必要です。


というわけで今回は、窓リフォームで実現する断熱性能アップの方法を紹介させていただきました。大掛かりなリフォームでなくても、窓を変えるだけでお家の快適性が向上することがお分かりいただけたと思います。

 

複層ガラスの効果を実際に体験したい!というときには、ショールームをご案内いたしますのでお気軽に〈タカショー〉までお問い合わせください。