2019.5.28 お知らせ

350㎜の法則でモノの管理が楽になる収納スペースづくり【No.2】

先日は工夫するだけで便利な収納スペースになる解決策をいくつか簡単にご説明しました!

 

※見ていない方はこちらをCheck

350㎜の法則でモノの管理が楽になる収納スペースづくり【No.1】

今回もブログは先日の解決策をもとに押入れを有効活用するためのおすすめ商品「ヴィータスパネル」を簡単にご紹介いたします!

【解決策01】布団は楽にしまえる高さに、小物は一目でわかる奥行きの棚に。

手前に空間があれば、掃除機など背の高いモノでも収納できます。

【解決策02】棚板を自由にアレンジできます。

収納するモノにあわせたスペースをつくる事ができます。

【解決策03】折れ戸にチェンジしておしゃれに!


また、押入れは毎日見ると不用品が分かりますよね?

「いる」「いらない」を振り分け、「いるモノ」だけにする作業がポイントです。


ヴィータスパネルの特長

【1】押入れ、それともクローゼット?いろいろな使い方が選べます!

モノを押し込んでいるだけの押入れが、「ヴィータスパネル」を使ったら、暮らし方に合わせた使いやすい収納スペースになります。

 

使い方としては、4つのタイプで変わります!

 

01.押入れタイプ 

モノに合わせて、幅、高さ、奥行きを簡単に変えられることで、押入れをより使いやすいカタチに。

 

押入れタイプにすることで、布団収納用の棚は楽に出し入れできる高さに変更することができたり、布団以外のモノは中仕切りで分けてラクラク管理することができます。

 

02.クローゼットタイプ 

洋服のアイテムに合わせて迷うことなくパイプ位置を決めることができ、棚板やパイプ等を自由に設置できます。

 

クローゼットタイプにすることで、ボトムス、トップス、コート類をエリア分けでき、靴等も指定席をつくって出し入れがスムーズになります。

 

03.物入れタイプ 

棚板をL字型に設置する事で、出し入れしやすく、全体に目が行き届く空間に。

手前には背の高いモノも収納できます!

 

物入れタイプにすることで、棚板をL字型に設置すると出し入れしやすく、全体に目が行き届く空間になり、また季節の家電や掃除機、モップなど、スッキリ収納に生まれ変わります。

 

04.デスクタイプ 

欲しかった書斎スペースにすることも可能です。

空間を活かして部屋の使い方まで変えることができます。

 

デスクタイプにすることで、重い書籍などを置くのに便利な専用棚板も用意でき、デスク横にもしっかり収納することができます。

 

またヴィータスパネルの基本サイズ(棚幅)は

1100ベースと850ベースの2種類あります。

たくさんモノがある方は1100ベースでも余裕のある収納スペースになると思います。

【2】解決のカギは!350㎜の法則

高さが350㎜ピッチならほとんどのモノは収納することができます。

 

奥行きはどんなスペースにも対応できる700、600、400の3サイズになっています。

【3】350㎜の法則の効果

棚の位置を決めるのは意外と難しく、入るモノと入らないモノができてしまい管理するのも大変ですよね。

 

ところが、高さを350㎜に合わせておくと、ほとんどの

モノが収まるため、楽に収納できるようになります。

 

そこでヴィータスパネルは基本サイズは使い方に合わせやすい幅850㎜用、1100㎜用の棚板があり、いろんなモノにあわせて、対応することができます。

【4】1.使いきれる 2.自分でできる 3.買い足せる
「ヴィータスパネル」は収納スペースを最大限に活かすアイデアとノウハウが。

1-1

【空間活用】使いきれる

L字使いの棚で見える化できる。

 

奥行きは深すぎると使いきれません・・・。収納スペースの奥行きいっぱいに棚を設けてしまうと、棚の奥にしまわれたモノは忘れ去られてしまい、ほとんど活用されないモノの置場になってしまいます。

 

余裕があっても棚の奥行きは300㎜~400㎜程度にして、手前は背の高いモノや一時置きの場所として活用すると無駄なスペースが無くなります。

 

L字型の棚にすると、有効なスペースが広がり、組み変えると1200㎜の有効スペースがあると同様の使い勝手になります。

 

1-2

【空間活用】使いきれる

奥行きは前後に活用できる。

 

パイプの位置は高さも奥行きも自由に移動可能に。手前にパイプをつければ奥に収納棚を設置できます。

 

自由に移動可能なので、手前には掛ける服、奥には畳む服やかばん等分けて使いやすくする方法もあります。

 

2

【簡単便利】自分でできる

自分で簡単に変えられる。

 

誰でも簡単にパイプ、フックを設置できますので、モノに合わせて季節ごとに変更することも可能です。

 

また取付もとっても簡単で350㎜のレールを基準に棚板、パイプ、フックが自在に設置できるので、暮らしの変化に合わせて1番使いやすい収納スペースの形が作れます。

 

3

【将来も安心】買い足せる

パーツの追加で、より使いやすくなる。

 

レール式で簡単な組み替えが可能です。

またサイドバーやフックなどあとからでも追加できるので、使いながら収納スペースを進化させられます。

※追加購入が必要となります。


いかがでしたでしょうか?

 

ヴィータスパネルには使い勝手がよくなる・スッキリした収納スペースにするための特長が揃っており、大変ご好評いただいております。

 

「暮らしが変わる収納」

 

一度、自分の収納スペースはどうなっているのか見直し便利な収納にしてみませんか?

 

収納についてのご相談も受付ておりますので、お気軽にご相談くださいね(^^*)

 

※参考:LIXIL インテリア建材 ヴィータスパネル

詳しくはこちら

PDFをダウンロードして見る