2019.7.20 お知らせ

番外編!備えてますか?住まいの台風対策

増加する台風の被害

昨今、夏の異常気象とともに気になる台風の被害。

 

2018年は猛烈な強さ(最大風速54m/s以上)まで発達した台風が7個と、1977年の観測以来、史上最多の記録となりました。

(気象庁「2018年の台風について」)

 

それに伴い、住まいへの被害も起きており、台風対策の必要性が高まっています。

 

住まいにとって危険なのは台風の強風により飛ばされたものが窓ガラスにぶつかり割れてしまうこと。

 

平均風速が20m/s以上になると看板の落下や屋根瓦などが飛ぶ被害が出始めます。

 

強い台風では最大風速33m/s以上猛烈な台風では54m/s以上にもなり、外装材の飛散をはじめ、極めて危険な状態になるのです。

風速20m/sで飛来物の危険!

(風の強さ) 非常に強い風(20m/s~)

(被害)

・細い木の幹が折れる

・看板が落下・飛散

・屋根瓦などが飛散

 

(風の強さ) 猛烈な風(30m/s~)

(被害)

・樹木・電柱が倒れる

・外装材が広範囲で飛散

01.台風対策のポイントは「シャッター・雨戸」

【ポイント1】飛来物の被害を防いで安心!

飛来物がぶつかり窓ガラスが割れるのを防止します。

 

暴風が室内へ流れ込んで家具やインテリアが壊れる二次被害も予防できます。

 

家全体の窓にシャッター・雨戸をつけておくことが大切なのです。

【ポイント2】騒音もカットして快適!

シャッターや雨戸を閉めることで騒音を和らげる効果も。

 

台風や豪雨の際も、防音効果で生活や睡眠が快適になります。

 

また、老朽化した雨戸を交換することで開け閉めもスムーズ&静かになります。

※おまけ※

シャッター・雨戸は防犯対策にも効果的。

 

シャッター・雨戸をつけることで侵入窃盗を抑制し、防犯性アップ!

 

防犯対策として、1階だけではなく2階もつけるとより効果的です。

02.シャッターで台風&防犯対策!暮らしに安心と便利さを。

『リフォームシャッター』なら、既存の窓に外窓の上から簡単に取り付けられ、台風対策と防犯性アップが期待できます。

 

また、リモコン・スマートフォンで開閉操作できる「スマート電動」「電動」タイプもご用意。

 

「スマート電動」はLife Assistとの連動で無線LAN経由で家中のシャッターをスマートフォンで操作することもでき便利です。

03.古くなった雨戸をパッと取替!
台風による危険な飛来物から家をタフに守ります。

取替雨戸パネルは、台風などによる危険な飛来物から窓ガラスが割れるのを防ぐ為だけではなく、外の不快な音、強い風雨や雷の音も軽減します。

 

また、直射日光を遮るため、エアコン効率もアップ

 

彩風タイプは可動部を調節すると、雨戸を閉めたままでも光や風を採り込むことができより快適に過ごすことが可能になります。

 

ほとんどのメーカーの雨戸に対応可能で、取替時間も約30分

 

毎日を安心・快適に一新させる雨戸リフォームをしてみませんか?


いかがでしたでしょうか?

 

今年は九州で大雨が発生し、避難注意報が観測されたりと台風以外でも被害が出ました。

 

家を守るためにシャッター・雨戸を取り付けて、安心そして快適に過ごしていけるように対策ポイントを参考にしていただければ嬉しいです。

 

▼次回ブログタイトル

健康快適な住まい、あきらめていませんか?