2020.1.6 お知らせ

“マンションリノベーション”知っておきたい3つのポイント

最近、マンションリノベーションという言葉をよく耳にすることが多いと思います。

 

どうしても新築マンションの購入には費用が高いですが、一方で希望の予算で理想のマイホームを実現する新たな手段として、最近では中古マンションを購入してリノベーションを行う方法も増えています。

 

新築に比べると、考えている理想の広さで、お部屋の中は新築のように出来るため人気が出ています。

 

しかし、中古マンションを検討する場合は、新築マンションを検討する場合に比べて、注意しなければならないポイントが何点かございます。

 

そこで、新築マンションと何が異なるのか、比較しながらマンションリノベーションを検討する際に知っておくべきポイントをご紹介します。


マンションリノベーションとは…?

「マンションリノベーション」は様々な種類がございます。

 
マンションリノベーションの形態は大きく2つの項目に分けられます。

全て自分で中古マンション購入からリノベーションする

不動産会社がマンション1室の買取からリノベーション後に販売する

マンションリノベーションのメリット

希望のエリアで検討しやすい

例えば、子供が通う学校区内でしか検討できない等、検討できるエリアが限られている場合は、新築マンションの分譲のタイミングと検討するタイミングが異なれば、希望エリアでの購入が厳しくなります。

 
ですので、中古マンションであれば物件数が新築マンションより多数ございますので、希望エリア内から検討しやすくなります。

理想の部屋を実現できる

一般的なマンションの間取りや素材等で満足しない方も中古物件を購入した上で打ち合わせを進めて実現することで、理想の住まいを手に入れることができます。

 

新築マンションの場合でも部屋が完成するまでであれば間取りやデザインを変更することができます。

 

ですが、部屋内のデザイン等のこだわりが強い方の場合は中古マンションを購入し、設計担当と打ち合わせを進めながら、リノベーションする方が理想を実現することができます。


いかがでしたでしょうか?

 

自分が住みたいエリアで新築マンションが販売されていなかったり、新築マンションでは叶えられないようなデザインにこだわりを持っている場合は、リノベーションマンションという考え方が最も有効です。

 

しかし、ここでは説明はしていませんが、「新築マンションよりマンションリノベーションの方がコストがかからない」といった理由でリノベーションを検討する場合には、デザインや築年数によって工事費用が変わらない等、思わぬ事態になりかねません。

 

マンションリノベーションを検討されている方は、今回ご紹介した2つのポイントを忘れず、もう一度、予算を家族で話し合いながら、理想の住まいを実現しましょう!