2020.7.1 屋外リフォーム

雨漏り発生!修理リフォーム時に知っておくべきことは?

鹿児島も梅雨入りし、雨でジメジメする日が続いています。

 

少し前までは梅雨とは思えないほど雨が降っていませんでしたが、昨年から雨の影響で土砂崩れや家に雨水が侵入する等、大きな災害が発生しております。これは鹿児島だけではなく全国で影響を及ぼしています。

 

7月に入り、もうすぐ台風の季節もやってきます。

大雨や台風で最も家に影響をもたらす場所は「屋根」です。

屋根からの雨漏り対策等、台風シーズンに入る前にメンテナンスをすることが大切です。

 

そこで今回の匠ブログでは、雨漏りが発生する前や発生してしまっている際に知っておくべきポイントをご紹介します。


雨漏りの影響って何?

雨漏りが発生した場合、まずは即修理を検討することが大切です。

 

雨漏りは、「すぐ治れば大丈夫」と簡単に考えていらっしゃる方がほとんどだと思います。

 

しかし雨漏りには、様々な悪影響を及ぼす事態であり、雨漏りしているのが目に見える状態になってからでは、修理代が高額になってしまうケースも少なくありません…。

 

屋根は屋根裏にも入ることがあまりなく、普段から屋根のことを気にかけながら生活している人は非常に少ないでしょう。

 

これは雨漏りに気づかない理由もあり、雨漏りがしていると気づいた時はもう遅く、躯体内はかなりひどい状態になっていることが多いのです。

どこから雨水が入ってくるの?

侵入口としてまず考えられるのは、まず屋根です。

 

他には外壁、ベランダ、窓等からジワジワと浸み込んでいきます。そして水分を吸収しきれなくなった水がポタポタと漏れてくるパターンがほとんどです。

 

ポタポタと雨水が漏れてきた状態だと、雨水の通り道となっている柱や梁、壁なども濡れることになるので、その部分が腐ってしまうことや、湿気の多い箇所に住みつくシロアリが発生してしまうこともあります。

 

シロアリや湿気で腐っていくことで、地震に弱い家になってしまい、しまいにはカビが発生して家族の健康にも影響を及ぼしてしまいます…。

雨漏りの原因は…?

雨漏りが発生してしまう代表的な原因として2つ挙げられます。

①屋根の老朽化

屋根は年中雨や風に当たっている為、家の中でも最も老朽化しやすい部分です。

 

そのため、老朽化した屋根材や木材の変化、または防水コーキングの劣化などが起こりやすいのです。

②大雨や台風等による突発的要因

台風や大雨といった暴風雨の時に、屋根瓦が破損やずれてしまったり、物が当たってひび割れを起こしてしまうことがあります。

 

ひび割れや破損等気づかないまま放置してしまった場合、行き場のなくなってしまった雨水が、破損したわずかなすき間から徐々に屋根の下地を腐食させ、雨漏りが発生してしまいます。

 

また、雨どいなどに落ち葉やごみが溜まり、それを放置したことから起こる雨漏りも多々あります。

雨漏り補修をするタイミングは?

目に見えてしまう状態まで雨漏りが進んでいると、屋根だけではなく、その下の躯体部分まで傷んでしまっていることが多いため、修理費用が高額になってしまう可能性があります。

 

そのため、リフォーム業者に梅雨や台風シーズンの前が最もベストなタイミングではありますが、雨漏りが発生しないよう定期的なチェックを行い、メンテナンスをする必要があります。

 

少しでも不安があれば、自分たちで屋根に登ることは困難で危険ですので、業者に点検依頼することをお勧めします。


いかがでしたでしょうか?

 

今回は、雨漏り補修でまず知っておくべきポイントをご説明しました。

 

屋根から漏れた雨漏りはご説明した通り、気づいたときにはもう遅く、補修費用は高額になってしまうことが多いです。

 

発生しない為にも、定期的な検査確認をしておくことをお勧めします。

 

鹿児島の梅雨明けは平年だと残り2週間後です。

まだまだジメジメと湿気が多く、雨の多い日が続きますが、早めに動いて、雨漏り発生を防ぐために、今のうちに点検等をして対策をしておきましょう。

 

弊社では雨漏り点検等、見積まで無料でご相談承っておりますので、お気軽にお問合せください。