2020.9.1 工期・計画について

古い家が寒い原因は?今のうちに寒さ対策リフォームを

家が古くなるにつれて、寒くなってしまうのは、なぜなのでしょうか。

 

「寒くて我慢できない」「古い家の寒さ対策が分からない」など、寒さ対策やリフォームで悩まれている方はきっと多いはずです。

 

寒くなる原因は何なのか?また効果的な寒さ対策は何なのか?この2つのポイントを見つけることが大切なポイントです。

 

寒さでお悩みの方はぜひご参考にされてください。


1.古い家が寒い原因は?

1-1.すき間風

古い家が寒い大きな原因は、「すき間風」です。

 

今の戸建住宅は、以前と違って、すき間風が入らないような仕組みになっています。

しかし、従来の日本家屋などはすき間風が入りやすい構造になっているのです。

 

すき間から冷気などが入り込んでしまうと、やはり室内を暖めることもできません。

また、外からの冷気が最も入りやすいのは「窓」です。

 

やはり、築年数が古い家になっていくにつれ、すき間風も多くなってしまい、冷気が入り込んで室内が寒くなってしまうのです。

 

隙間風以外に、経年劣化が原因で建物のあらゆるものがへこんだり、ゆがんだりしてしまうとさらに冷気も入ってきます。

1-2.コールドドラフト現象

古い家が寒い理由の一つは、「コールドドラフト現象」の影響がございます。

 

コールドドラフト現象とは、冷気は下へ、暖気は上にいくという空気の動きです。

例えば、冬場暖房をつけている際、冷たい空気が下にたまってしまい、足が寒くなってしまうケースがあげられます。

 

この現象が起こってしまうと、自分が生活している範囲が寒いと感じてしまう場合もございます。

 

コールドドラフト現象を防ぐためには、上にたまりやすい暖気をいかに下まで空気を送ることが出来るのかが1番のポイントです。

 

もし、建物全体が暖気がなく、ただただ冷たい場合は、部屋は暖かくなりにくいので注意が必要です。

1-3.断熱ができていない

古い家が寒くなる原因の2つ目は、「断熱ができていない」こともございます。

 

床・屋根裏・窓がしっかり断熱ができていないと、外からの冷気が室内に入り込みやすくなってしまいます。

 

断熱対策をきちんとできていれば少しは寒さも防ぐことは可能ですが、古い家に至っては、きちんと寒さ対策を行っていない家がほとんどです…

 

「リフォームだとお金がかかるから…」と自分で断熱材を取り入れている方もいますが、しっかりと断熱材の効果が出せていない可能性が高いです。

 

寒さ対策を行うには、自分でするよりも断熱に関する知識も豊富なリフォーム業者にお願いすることが一番安心です。

2.家が寒いとどんな問題が?

2-1.安心・快適な生活ができない

家が寒いとやはり安心・快適な生活を送ることができなくなります。

 

寒さというものは、ただ単にエアコンやストーブなどの暖房器具をフル活用しても部屋は一時的に暖まることはあるかと思いおますが、常に暖かいことはないです。

 

まずは、しっかりと外からの冷気が室内に入り込まないようにする為、家全体で寒さ対策を行う必要があります。

 

常に家が寒い状態が起きてしまうと、きちんとした睡眠をとることもできなくなり、入浴後も暖まりたいのに余計寒くなってしまう等、健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

寒いだけだと、最初は問題がないように感じるかもしれませんが、だんだんと体調が悪化し、風邪を引いたりウイルスに感染してしまいます…。

2-2.家の劣化を放置してしまう

古い家は色々な部分からすき間風が入り込んでしまいますが、その原因で家の経年劣化や老朽化が原因になっていることが多くございます。

 

きちんとした寒さ対策を施しておかなければ、劣化を放置することになるのです。

 

その結果、建物の耐久性や機能性等すべて低下していき、台風や地震などの自然被害を受けやすくなってしまいます。

 

また、放置していることで、いずれすると思っていたリフォーム費用や修繕費用も高くなってしまいます。

 

ですので、少しでも早く寒さ対策を行っていくことで、健康に悪影響を及ぼすことなく、リフォーム費用も安くで済ませられるようになります。

2-3.暖房費用が高くなる可能性も…

断熱がしっかりと施されていない古い家は、暖房費用が余計高くなってしまう傾向があります。

 

室内を暖房機で暖めても隙間風等で冷気がだんだん室内に入り、暖かい空気が外へと逃げていってしまうからです。

 

暖房をフル活用しても効かないケースが多く、無駄遣いにつながります。

古い家でも、暖房対策をきちんと対策していれば、暖房費用の節約にもつながります。

3.古い家の寒さ対策方法

3-1.断熱・日射・気密の3つのポイント

住宅の室温を変動させず、一定の温度を保つためには、「断熱・日射・気密」といった3つのポイントが大切です。

 

例えば、暖めた空気を家の外に逃がさないように、太陽光や蓄電器等を積極的に取り入れたりすることです。

 

しかし太陽光をいざ設置しても、日当たりが悪い場合は日射に関するポイントを考えてみましょう。

 

注目してほしいのは、残りの「断熱」「気密」です。

冷気が入りやすい窓や天井裏などをリフォームでしっかり断熱したり、空気が逃げないように気密化したりすることで建物の寒さ対策をおこないましょう。

3-2.窓のサッシなどすき間にテープを貼る

古い家の寒さ対策としてあげられるのは、窓のサッシなどにできたすき間をテープで埋める方法もございます。

 

この方法だとコストをかけることなく、だれでも対策することができます。

 

わずかなすき間でも冷気が侵入したり、暖かい空気が逃げたりしてしまうので、急を要する場合は、ホームセンターで売られているテープを使うことをおすすめします。


いかがでしたでしょうか?

 

古い家が寒い原因は、窓や天井裏から侵入するすき間風や冷気が原因です。

 

やはり一般的に考えても、築年数が経過しているほど、家全体が劣化してしまい、外の冷気が入り込みやすくなっています。

 

まずできることは、外からの冷気を入り込まないようにしなければなりません。

 

どの部分から冷気が入り込んでしまうのか確認して、断熱リフォームや自分ができる対策など、寒さ対策を行いましょう。

 

放置することが一番あってはいけないことです。

例えば、至急対応しないといけない場合は、自分で断熱材を入れたり、窓に断熱シートを貼ったりできます。

 

それでも室内が寒い場合は、弊社では断熱リフォームのご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。