2020.11.1 屋内リフォーム

【冬の住宅トラブル防止】リフォームで寒さ・結露・乾燥対策しませんか?

冬になると、お家の寒さや結露などに毎年悩まされていませんか?

 

そんな悩みを解決して、お家では快適に過ごしたいですよね。

 

毎年やってくる冬の住宅トラブルは、実はちょっとした対策をするだけで、軽減することができます。

 

そこで今回は、「リフォームでできる冬の住まいのお悩み対策方法」を簡単にご紹介します。


「冬」に関する住宅トラブルとは?

お悩み①「寒さ」

冬の住まいの悩みで最も多いのはやっぱり「寒さ」ですよね!

 

寒いリビングではくつろげないですし、寝室が寒いと寝付きが悪くなってしまいます。

 

また、ただ寒いというだけでなく血行が悪くなることで、たちくらみやむくみ、肌荒れなどの体調不良の原因に繋がってしまったり、お風呂場などでの温度変化が急激に起こることで発生してしまう、「ヒートショック」も心配です。

 

住宅の寒さの主な原因は、扉や窓の「断熱性能」に関係があります。

 
暖房を使用しても寒さが改善されないという住まいの場合、「断熱性能」を高めるリフォームをすることで、住まいの温度環境を向上させられます。

お悩み②「結露」

冬の住まいのお悩みで次に多いのが、窓やお風呂場の「結露」です。

 

温度差によって水滴が発生し、放っておくと窓枠のゴムパッキンやフローリングなどのカビの発生源に繋がります。

 

また結露はダニが好む環境でもあるため、アレルギーを引き起こす原因にもなってしまいます。

お悩み③「乾燥」

冬場は空気が乾燥していることから、室内の空気もよく乾いています。

 

そんな乾燥はお肌の乾燥だけでなく、風邪の原因に繋がってしまうことにもなります。

特に冬場の乾燥した空気は、インフルエンザウイルスが好むため、しっかりと乾燥対策をしたいですね!

 

対策方法の主なポイントは、「部屋の湿度を一定に保つこと」になります。

それぞれの対策方法とは?

「寒さ」対策

対策方法① 「扉」を断熱性能が高いものに変える

北海道や東北などの寒い地方では、扉や窓の断熱性能の対策がしっかりとされています。しかし他の地方では、家の断熱性能が弱い傾向にあります。

 

リフォームの扉には「一般地域向け」、風の通りをよくする「採風タイプ」、断熱性能を高めた「寒冷地向け」の3種類の扉があります。

 

寒冷地仕様の扉には、断熱材を十分に挟んでいるため分厚くて、また複層ガラスを使用しているためとても寒さに強い構造になっています。

 

扉の交換は、最短で1日で工事ができるため簡単に寒さ対策ができるのです。

対策方法② 「窓」を断熱性能が高いものに変える

部屋の空気は、窓などの開口部から「58%」の熱が流出してしまうというデータが発表されているそうです。

 

そのため、窓の断熱性を高めて暖房で温めた空気を外に逃さないようにしっかりキャッチすることが大事です。

 

外気と部屋の空気をしっかりと隔てることがポイント!

 

既存の窓はそのまま、内窓を取り付けて断熱効果を高めるリフォームがおすすめです。

 

内窓を取り付けると、窓と窓の間に空気の層を作ることで断熱効果が生まれます。

 

冬の寒さだけでなくて夏の暑さも軽減する効果があるので、1年を通してとても有効なリフォームになります!

 

内窓の取り付けは、なんと最短1時間でできる工事のため簡単に寒さ対策ができます。

「結露」対策

対策方法① 内窓を取り付ける

1つ目は寒さ対策と同様の「内窓」を取り付けることです。

 

断熱性が高まり、結露が発生しにくくなります。

 

さらに防音性の向上も見込めるので、簡単なリフォームでさまざまなお悩みが解決につながります。

対策方法② 複層ガラス窓に交換

内窓は窓が2重になることから、掃除の手間が増えるというところが気になる方もいると思います。

 

そういった手間を考えたときに便利なのが、二枚のガラスの間に中空層、乾燥剤が設けられ、1枚のガラスよりも断熱性が高まり、結露の軽減に繋がる窓の取り付けがおすすめです!

「乾燥」対策

対策方法① 部屋の湿度を調整する壁材を導入する

乾燥対策といえば、「加湿器」が一般的だと思います。しかし近年では、部屋の湿度を一定に調整してくれる壁材があります!

 

1ナノメートル(1mmの100万分の1)という非常に小さな孔が空いており、そこで空気の吸排出を行うというものです。

 

ちょうど良い湿度を保つ構造になっているだけでなく、嫌なニオイも吸収してくれるため、トイレや玄関、寝室におすすめです。

 

エコカラットの取り付けは、最短2時間で工事ができます。

毎年、乾燥でお悩みの方にはおすすめの対策方法です。


いかがでしたでしょうか。

 

結露や乾燥も住宅の大きな悩みの原因ですが、冬は特に対策したいのが「寒さ」対策ですよね。

 

しっかり対策をすることで、快適に過ごせる空間へと変わります。

 

冬の住まいのお悩み対策はリフォームで意外と簡単に取り組めるものばかりです。

 

「冬の住宅トラブル」でお悩み等ございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!