2021.1.15 屋内リフォーム

冬のお風呂はヒートショックにご用心!

暖房の効いたリビングから冷えきった脱衣所や浴室へ。

夜中に暖かい布団から出て凍えながらトイレへ。

 

このような部屋間の急激な温度変化は体への負担が大きく、ヒートショックを招く要因になることがあります。

 

今回は冬場の入浴時に特に気をつけたい「ヒートショック」についてのお話です。

 

 

ヒートショックをご存じでしょうか?

ヒートショック」とは、急激な温度変化によって血圧が上下に変動することです。

 

脳卒中や心筋梗塞の要因となり、また、それらが転倒や浴槽内での溺死という事故を引き起こす場合もあると言われています。

部屋移動時の急激な温度変化は要注意!

【例:浴室での行動】

冬の寒い脱衣所

(血管が縮んで血圧が上昇)

寒い浴室内

(血圧がさらに上昇)

熱めの湯に浸かって温まる

(血管が広がり血圧低下)

 

 

これらの行動の急激な温度変化により、血圧の変動が起きます。

このときの変動の差が大きいほど危険です!!

 

 

冬場の浴室トイレはヒートショックが起きやすいと言われており、特に注意が必要です。

 

 

実際に、ヒートショック関連で入浴中に亡くなられる方は年間約19,000人もいると推計され、交通事故の約4倍強にものぼると言われています。。

 

住宅内の温度環境が影響している?

入浴中の心肺停止状態の発生頻度を地域別に見てみると、最も頻度が低いのが沖縄県で、続いて北海道という結果になっているそうです。

 

これは、外の気温の低さが発生要因ではなく、住宅内の温度環境が影響しているとも考えられます。

 

ヒートショックリスクを軽減

浴室やトイレは北側に設置されているケースも多く、家の中でも特に冷え込みやすい場所ともいえます。

 

浴室やトイレの寒さが気になるようでしたら内窓の取り付け高断熱窓への取り替えなどのリフォームがおすすめです。

 

外からの冷気の侵入を抑えることで、リビングなどの暖かい部屋との温度差が軽減します。

 

 

 

浴室は、窓リフォームだけでなく、浴室全体の断熱リフォームもおすすめです。

 

よく、寒くなってくると「寒くなってきたから暖かい浴室に新しくしたい」とご相談を多くいただきます。

 

しかし浴室を新しくするだけでは暖かくなるわけではありません。

 

 

浴槽自体に断熱があるものもありますが、天井や壁、床には断熱が入っていないため、浴室内は寒いままのことが多いです。

 

 

それを解消してくれて、ヒートショック防止にもおすすめなものが、天井・壁・床と浴室全体を断熱にリフォームすることが1番のおすすめです。

 

 

現在孝匠では、浴室の天井・壁・洗い場に保温材をプラスされており、保温性能を高めることで光熱費も削減できる「あたたかパック」をキッチン・システムバス・トイレ・洗面化粧台の「4点リノベパック」をご契約をしていただいた方に無償プレゼントしております!(※1月までの特典となっております。)

 

 

このあたたかパックは浴室全体に断熱材が入っている為、寒い冬でも浴室があったか空間になります!

 

 

ヒートショックリスクを未然に抑えて、より快適で安心な毎日を過ごしたいですね!

 

 


いかがでしたでしょうか。

厳しい寒さが続いている今は特に注意したい「ヒートショック」です。

 

急な寒さに慣れていない方が多いと思いますので、ぜひこの機会に窓・浴室のリフォームはいかがですか?

ぜひあたたかパックで毎日の入浴タイムを快適な空間にしませんか?

 

お住まいでお悩み等ございましたら、お気軽にタカショーまでご相談下さい。