2021.2.1 屋内リフォーム

リノベーションの注意点・ポイントとは?

住宅に関する情報を集めていると「リノベーション」という言葉をよく目にすることが多いと思います。

 

「リフォーム」と似たような意味で使われることが多いですが、具体的にどういう意味なのかご存知でしょうか?

 

リフォームとどういう違いがあるのか、リノベーションとは何か、リノベーションをする上でのポイントについてご紹介いたします。

リノベーションとは?

リノベーション」とは増築・改築や建物の用途変更など、資産価値を高めるための大規模な改造工事を意味します。

 

最近ではリノベーションをしてカフェをOPENする等、耳にすることも多くなったのではないでしょうか。

 

「実家を受け継ぐことになり、間取りを大きく変えて、古民家風のリノベーションがしたい…」

 

「中古物件を購入して、間取り変更等のリノベーションで快適に住みたい!」

などの声もだんだんと多くなってきました。

 

 

これに対し、古い部分の補修や内外装の変更程度にとどまるケースを「リフォーム」と言います。

 

リフォームはマイナスの部分を修復してプラスに戻すという意味合いです。

 

リノベーションのメリット・デメリット

メリット

リノベーションのメリットはやはり、自分好みの設計に合わせた住居空間がつくれることです。

 

住み慣れた家を自分好みに設計することで、新築以上の満足感も味わえます。

 

その家に住んでいる人の悩みに即したプランニングが行えるというメリットがあり、親世帯との同居のためにリノベーションで二世帯住宅する場合も、現在の使い心地はそのままに、生活が異なる二世帯それぞれに配慮した間取りを考えることができます。

 

 

中古物件をリノベーションするケースでは、新築よりもかなり低コストで済むことがほとんどなので、コスト面でのメリットもあります。

 

デメリット

デメリットとしては、中古物件の工事では、築年数によっては耐震工事が必要になることが多いという点です。

 

耐震工事が必要な場合は、費用が上がり、引渡しまでの期間が長くなることもあります。

 

さらにマンションでは、構造によっては自由にリノベーションできない可能性もございます。

 

間仕切り壁が建物の強度に関わっているため、自由に取り外すことができない壁も多かったり、古いタイプの中古マンションは、床下に空間がなかったり、配管が床本体に埋め込まれている場合もあるため、水回り設備の位置を移動させたくても、マンションの床の構造によっては不可能な場合があるという点です。

 

 

リフォーム出来る範囲を知るためにも床下の構造や配管の方式を確認しておく必要があります。

 

リノベーションの一般的な費用について

リノベーションにかかる費用は、工事をする場所・広さによってかなり幅があります。

 

部分ごとにリノベーションするものであれば費用は100~300万円台に収まるケースもございますが、間取りを大きく変える工事であれば、500~1,000万円台になるという想定をしておかなければなりません。

 

広さだけでなく、内装のデザイン・物件の階数によっても費用が変わります。

 

耐震・断熱補強工事をリノベーションとセットで行うと、約200~500万円程の追加費用が必要になってしまいます。

 

リノベーションの工事期間の目安とは?

リノベーションを行う際、費用と同じくらい気になるのが、「どれくらい期間がかかるのか?」という点ではないでしょうか?

 

部分的なリフォームなら大がかりなものでも1~2週間程度で終了しますが、建物をまるごとリノベーションする場合、設計期間を含め3~5カ月くらいはみておく必要があります。

 

【設計:約2~3カ月 + 工事:約1~2カ月】

 

また、居住したまま少しずつ工事する部分的なリフォームとは違い、大規模なリノベーションとなると、設備・内装から全て引きはがしてしまいますので、工事が完了するまではとても住むことはできません。

 

工事期間中、どこで暮らせばいいの?

居住したまま工事ができない場合、どのように過ごしているのか気になりますよね。

 

近くに実家がある方は、工事期間中は実家に戻るという方もいらっしゃいます。

 

そうでなければ敷金礼金などの初期費用不要で、希望する期間だけ借りられるマンスリーマンションなどを仮住まいとするのが一般的です。

 

 

その他にはホテルに仮住まいされる方もいらっしゃいます。

 

費用は宿泊料金のみで、初期費用や光熱費等が不要です。

 

リノベーションのための仮住まいには、ウィークリープランやマンスリープラン等がある長期滞在型ホテルがおすすめです。

 


いかがでしたでしょうか?

 

このように、リノベーションは住居空間を自分達の生活スタイルに合った、より価値のある空間づくりのために行う工事です。

 

予期していなかったような事態などで工事期間が延びてしまう場合もございますので、さまざまな場合に備えて、余裕をもったスケジュールを立てておくことをおすすめ致します!

 

 

中古住宅をお持ちの方、実家のリノベーションをご検討中の方など、リノベーションで理想の暮らしを叶えてみませんか?

 

 

現在孝匠では『リノベーション相談会』を行っております。

 

思い描いた間取りを教えていただき、最新ソフトの『ALTA』でお客様が考えているプランを作成、ご提案させていただきます!

 

ぜひこの機会にお気軽にご相談ください。